難しい会計試験の現状

自ら公認会計士となり生活を豊かにした人もいます。さて、公認会計士を合格することは、簡単なのかというと難しいです。それだけ合格すると、明るい未来が待っているのです。短答式試験でも、4つの試験科目あります。論文式試験でも、5つの試験があります。これを合格しないといけないので、相当の準備が必要になります。

また、論文式試験は1年に一度です。そこで、一年で一度しかチャンスは無いのです。それが、駄目であれば来年に持ち越しになります。もちろん、短答式試験で合格すると二年間の有効期限で、短答式試験は免除されます。その間に論文式試験を合格することが大事です。

さらに、平成27年度のデータから合格率は10%となっております。このことから、10人に1人が公認会計士になる時代です。合格すると複数の会社から合格をいただける状況です。試験事態は辛いかもしれませんが、合格すると明るい未来が待っています。目指している方は、合格を目指して地道に取り組むことが必要です。その地道に努力することをサポートしてくれるのが、専門学校です。同じ目標を共にする仲間もいますので、個人ではなくチームを組んで取り組むことが出来ますので、寂しくもないのです。