会計の資格試験

会計の資格試験について触れます。正確には、公認会計士の資格試験です。試験は、2つの試験があります。1つが短答式試験で2つ目が論文式試験です。短答式試験は、主に5択から1つ選択するマークシート方式となっています。それならば、簡単かといっても、簡単という訳ではないのです。やはり、地道な勉強が必要になります。また、論文式試験は、いくつかの科目があって、それぞれを全て合格することにより、最終的に公認会計士合格となります。

さて、2つの試験を具体的に紹介します。短答式試験は、財務会計論と管理会計論、監査論、企業法があります。論文式試験は、会計学と監査論、企業法、租税法、そして選択科目があります。選択科目は、経営学と経済学、民法、統計学のうちから1科目を選択して合格すれば良いのです。

これを、読み進めただけでも、合格するのは難しいということは理解できるはずです。さらに、大学に行かずに、専門学校に通い会計の資格を取得して、新しい道を取得した話しを聞いたこともある人もいるはずです。このことから、会社の会計監査のプロとして、仕事が幅広く舞い込んで来ることが予想されます。仕事が舞い込むことにより、自然と収入も増えることにもなります。