資格取得は専門学校

会計の資格である公認会計士の資格を得るために、受験料もあります。19,500円になります。この受験料で、毎年試験を受けて、10%の程の人が合格して公認会計士としてデビューしていきます。数年前は、就職できないという評判もありましたが、就職が決まるという評判です。

それから、1人で努力するのも難しいです。さらに若い内から努力することが近道です。最年少では、専門学校で10代での合格も出ています。それから、専門学校に頼りきりも問題です。高校時代からの目標選択と、努力が必要なのです。そのことから、専門学校は、合格への1つのステップであり、これに合格しておくと、もう1つの就職先を獲得することになります。

さらに、公認会計士は税理士の仕事も出来ます。このことから、公認会計士の資格を得ると、税金面での会社の業務も任されることになります。そうなると、やはり公認会計士は魅力ある職業になるはずです。その合格のためには、公認会計士合格を目標とした専門学校に入学することが望ましいです。その試験に合格するために通う学校ですから、必要な情報が揃っていると言えます。それを考えると小さな内から、目標選択しておくことも必要なのです。早め早めの準備が必要です。

難しい会計試験の現状

自ら公認会計士となり生活を豊かにした人もいます。さて、公認会計士を合格することは、簡単なのかというと難しいです。それだけ合格すると、明るい未来が待っているのです。短答式試験でも、4つの試験科目あります。論文式試験でも、5つの試験があります。これを合格しないといけないので、相当の準備が必要になります。

また、論文式試験は1年に一度です。そこで、一年で一度しかチャンスは無いのです。それが、駄目であれば来年に持ち越しになります。もちろん、短答式試験で合格すると二年間の有効期限で、短答式試験は免除されます。その間に論文式試験を合格することが大事です。

さらに、平成27年度のデータから合格率は10%となっております。このことから、10人に1人が公認会計士になる時代です。合格すると複数の会社から合格をいただける状況です。試験事態は辛いかもしれませんが、合格すると明るい未来が待っています。目指している方は、合格を目指して地道に取り組むことが必要です。その地道に努力することをサポートしてくれるのが、専門学校です。同じ目標を共にする仲間もいますので、個人ではなくチームを組んで取り組むことが出来ますので、寂しくもないのです。

会計の資格試験

会計の資格試験について触れます。正確には、公認会計士の資格試験です。試験は、2つの試験があります。1つが短答式試験で2つ目が論文式試験です。短答式試験は、主に5択から1つ選択するマークシート方式となっています。それならば、簡単かといっても、簡単という訳ではないのです。やはり、地道な勉強が必要になります。また、論文式試験は、いくつかの科目があって、それぞれを全て合格することにより、最終的に公認会計士合格となります。

さて、2つの試験を具体的に紹介します。短答式試験は、財務会計論と管理会計論、監査論、企業法があります。論文式試験は、会計学と監査論、企業法、租税法、そして選択科目があります。選択科目は、経営学と経済学、民法、統計学のうちから1科目を選択して合格すれば良いのです。

これを、読み進めただけでも、合格するのは難しいということは理解できるはずです。さらに、大学に行かずに、専門学校に通い会計の資格を取得して、新しい道を取得した話しを聞いたこともある人もいるはずです。このことから、会社の会計監査のプロとして、仕事が幅広く舞い込んで来ることが予想されます。仕事が舞い込むことにより、自然と収入も増えることにもなります。

会計資格の専門学校

会計の資格の取れる専門学校といっても、正確には公認会計士の資格の取れる専門学校の話しです。公認会計士とは、会計監査のプロです。どこの会社でも必要です。そして、経理のプロとして仕事の幅が広がります。また、自営業や起業した方にもアドバイスもできます。

その公認会計士も、取得する前にステップがあります。それは、簿記という資格試験を取得することです。小売店の経理に必要な簿記4級、中小企業や青色申告も学べる簿記3級、株式会社や財務諸表を読みこなすことの出来る簿記2級、公認会計士や税理士の入門コースとなる簿記1級の資格があります。

何やら難しそうな会計の資格ですが、こんな難しい勉強が必要ならば大学に行かないと無理ではないかと思う方もいるはずです。しかし、学歴不問、性別不問で試験が受けられます。それぞれの努力に応じて資格の取得が出来るともいえます。

そこで、公認会計士の試験を突破するには、マークシートである短答式試験と論文式試験を合格しないといけないのです。短答式試験は、5月と12月に実施されます。そして、翌月に結果発表が行われます。さらに、論文式試験は8月に実施され11月に合格発表がされます。短答式試験を合格しないと論文式試験を受けることが出来ないのです。そして、短答式試験を一度合格すると二年間有効になり、論文式試験を受験できます。そこで、資格に注目してカリキュラム編成可能な専門学校は、合格しやすい学校ともいえます。

TOPIC—http://www.o-hara.ac.jp/senmon/